転職先の企業を選ぶ基準は福利厚生です

滋賀では県内の企業の99パーセントが中小の企業で、現在では地域経済を発展させるために中小企業の活性化計画が実施されています。

そのため、スキルを持った他県からの転職者も積極的に受け入れられています。

転職する時の選択の基準は、自分のスキルを活かせる企業を選ぶのが最も適切です。

次に大切なのは企業の福利厚生が充実しているところです。

特に大手から中小企業へ転職する場合には、従業員に対する待遇の点で見劣りしないところを選んでください。

ある転職サイトのアンケートによると、転職後の満足が最も得られるのは、前職より給料がアップしたことです。

それと並んで経験やスキルが活かせる仕事に就けたこと、休暇が安定して取れること、労働時間が短くなったことなどが並んでいます。

せっかく希望の会社に転職できても、満足度が低ければ後悔することになります。

また転職して希望の仕事に就けたとしても、あとで配置転換になるケースもあります。

そのことを考えると、やはり従業員に対する待遇の良い会社が一番適切なのです。